SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


この記事は「アメリカの地域ボランティアに参加したら豪邸に招かれた」の続きです。

ローズ・パレードが何なのかもう一度説明しておくと

「毎年1月1日(1日が日曜日の場合は2日)にパサデナ市のメイン通りで開かれるロサンゼルス最大級のパレードです。」

こちら、SK-BASEです。

地元ボランティアの楽しいことキツイこと

前回、ゲートを閉め、パレードのフロート車が通れるようにゲートの前でほかの車の誘導を始めました。午後10時ごろ、車はそんなに来ることもなく、もう一人のパートナーの人とも会話が途切れ、彼はスポーツラジオを聞いてました。そんな中、車は来ませんが、近所の人たちが通りを歩き始めました。そうした中、彼らは私たちに

フロート車は何時頃来るの?

と聞いてくるのです。どうやら、毎年この時間帯になると、翌日のパレード準備のためにフロート車が移動してくるのを近所の人たちは知っているようで、散歩がてら、フロート車を見るのを楽しみにしているようです。しかしながら、私たちも知らされているわけではないので、”分からない”と答えるしかないし、パートナーも長年パサデナ周辺に住んでいるようですが、彼も”いつもどおりならこの時間帯だよね”としか答えられませんでした。

少数だった、人たちもたくさんになり、いつまでもフロート車が来ないもんですから、いつもは渋滞になる大通りが歩行者天国状態になり、パートナーも”異様な光景だ”と言っていました。

パートナーは準備がよく、折りたたみ椅子を持ってきていたので、誘導の空いている時間は椅子にこしかけて、休憩していましたが、私は想定していなく、椅子を持ってきていなかったので、開始から4時間過ぎたあたりから、たまらず、縁石に座りました。

そんな、足が棒になるボランティアですが、定期的に本部から飲食料を運んだ車が来て、好きなものをどうぞと、お菓子からサンドイッチ、コーヒーまでいたれりつくせりです。トイレに行きたくなっても大丈夫。トイレも運ばれてきます。

roseparade toilet

深夜を回ると、パーティー帰りなのか、車がたくさん来始めました。彼らは

どこも封鎖されてて、帰れねーよ!

と文句たらたらで、”指定の許可書がないと通せない”と説明するも、”じゃあ、どうやって帰ればいいんだよ”と聞かれますが、”知らない”と答えるしかなく、罵られるもんですから、パートナーとGoogle Mapで調べながら、この道からなら行けるなど、話し合い、自分たちでルートを探す必要がありました。次回からは通り抜けのルートも本部から教えてほしいものです。

roseparade floats

深夜1時にようやく、準備のためにフロート車が運ばれてきました。どれもこれも、バラを基調とした、植物で装飾されてるっていうから驚きです。ボランティアのあいまに、こういったのが見れるのは嬉しいですね。

朝食を食べて、いざ本番へ

roseparade food

さあ、深夜3時を周り、活動開始から9時間が経過したところで本部に戻って朝食です。定期的に食料が運ばれていたので、空腹という感じではありませんでしたが、温かいものを食べると元気がでます。

roseparade breakfast

このときに、みんなで写真を撮りあいながら、ここまでやり遂げたことをとりあえず、褒め称え合います。とはいっても、まだまだこれは、中休憩。これから、本番がやってきます。朝食も1時間程度で終え、次の場所へ移動します。

roseparade audience

前半はゲートで車の誘導でしたが、今度はロープで人の誘導です。パサデナのメイン通りコロラド通りが遠くまでずっと、人で埋め尽くされています。いつもとは違う光景が続いて、新年早々、いい思い出です。

roseparade ropeduty

ド迫力パレードを最前列で

今度は班ごとの作業なので、4人でロープを張り、パレード内に人が入らないようにまた、通りを横切る人の誘導をします。空も明るくなり、、、まあこの日は曇りでしたが、午前10時パレード開始です。

roseparade fighter

警察のバイク隊を先頭に始まり、その次は上空をステルス機が飛んでいきます。初めて、生でステルス機を見ました。平べったい何か飛ぶ、異様な光景でした(笑)。

roseparade honda

ローズ・パレードはHONDAの協賛ということもあり、先頭はHONDAのフロート車が走ってきます。パレード中は各グループが、それぞれのマーチバンドを結成し、それぞれのフロート車のテーマに沿った曲が流れ、ロープ誘導をしながらではありますが、最前列で見られるのはボランティアの特権ですね。

roseparade dragon

いろんな、フロート車が通行していきますが、首が動いたり、煙をだしたり、様々な工夫が見られます。

roseparade march

フロート車のほか、マーチバンドもコロラド通りを練り歩き、迫力は抜群です。

roseparade japan

最近は日本からも毎年参加しているようで、今年は岐阜商業高校が参加していたようです。

roseparade horses

また、騎馬隊のパレードもありました。途中で馬たちがう◯こをしていくのを、華麗に掃わくボランティアの人たちの姿が印象的です。

roseparade beauties

また、ローズ・パレードでは同時にミス・ローズ・パレードも決められ、見事選ばれた方たちが、手を振りながら通り過ぎていきます。みなさん、お綺麗で花がよく似合います。

roseparade netflix

個人的にはNETFLIXも参加していることにNETFLIXの勢いを感じます。最近はただのストリーミングサービスに留まらず、アカデミー賞にノミネートされるほどの映画を配給しています。パレード参加するの、お金ないとできませんからね。ここにHuluもAmazonもないから、やっぱNETFLIX強いのでしょうね。

roseparade end

さて、最後は”THANK YOU”の文字とともに2時間のパレードも終了です。足はガクガクになりましたが、ロサンゼルス最大級のお祭りをタダでしかも最前列で、みんなで協力しながら参加できるので、もしパサデナ・シティ・カレッジに進学した方はボランティアに参加してみることをオススメします。


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...