SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


旅行から帰ってきて、今は夏の新生活に向けて生活環境を整えている、こちらSK-BASEです。

ブログを始めて3ヶ月ほど経ちましたが、このブログを何度か見てくださっているあなた、最近ブログのデザインが変わったのは気付いてもらえましたか?

ブログを始めた当初から私は個性ある装飾にしたかったのです。しかし、よっぽどのプロでもない限り、配色やコンテンツの配置などで個性を出すのは難しいです。ブログにアニメーションなど動きを加えて個性を出すのもいいですが、それだとブログを見る環境によっては動作が遅くなる原因になります。

動作速度の低下を招かず、熟練のWebデザイナじゃなくても個性を出す手っ取り早い方法の一つとして、自作のイラストを活用があります

Wacom Intuos Draw導入

ということで、今回は人生初のペンタブ(ペンタブレット)を導入して、ブログのロゴと背景画像を作った工程をペンタブの使用感を踏まえて紹介したいと思います。

intuos box

今回、購入したペンタブレットはWacomのIntuos Draw(CTL490DW)です。Wacomは言わずもがなペンタブの有名メーカーです。IntuosシリーズにはDrawのほかにArt, Photo, Comicがあり、Drawは入門機で、機能もほかがマルチタッチ機能があるのに対し、これにはありません。

intuos components

箱に入っているのはタブレット、ペン、USBケーブル、取扱説明書、イラストソフトの登録番号です。

USBでパソコンと繋げるので、電源や遅延の心配はないようです。別売りで約$40でワイヤレスにするキットも売ってあります。

Intuos Drawの細かいとこ見てみます

compare pen pentablet

いつも利用しているペンが5gなのに対しペンタブのペンは8gでした。持ったときにちょっと重みがあるなと感じるだけでそんなに感覚に違いはありません。

intuos penholder

私は11インチMacbook Airを使用していますが、それよりも2まわりぐらい小さく、外に持ち歩いても邪魔にならなさそうです。また、上部にペンホルダーがありますが、これがなかなかキツくて一度、差し込めば落ちることはなかなかなさそうですが、毎回ここに収めたいとは思いませんでした。しかし、ペンはすぐにコロコロと転がるので管理しないとなくなります

ロゴの制作過程

今回、初めてデジタルでイラストを描いていくということで参考になるサイトを探していたところ、ドイツでフリーランスのイラストレーターとして活動されているGenki Wi-Fiさんのサイトを参考にしました。ありがとうございます。海外でフリーランスとして働くまでの経歴なども見ると面白いです。

Genkiさんのサイトを参考にしながら、私なりの解釈をし、製作工程を6つに分けました。

  • 設計(Photoshop)
  • ラフ(Photoshop)
  • トレース(Photoshop)
  • ベクトル化(Illustrator)
  • 手直し(Photoshop + Illustrator)
  • 完成

それでは描いていきたいと思います。ちなみに絵を描くのは好きですが、イラストレベルはヒマなときにノートに落書きするくらいです(今のプロフィール画像がまさにそれです 笑)。

design illustration

最初は教科書の落書きみたいに漠然と色々描いてみます。何を描こうか、配置をどのようにしようかなどです。ちなみに、これは違うなのと思っても消さずに残しておいて、レイヤーを新しくして描きます

rough illustration

配置などの設計が決まったところで、もっと具体的にしっかりと描いていきます。腕とかある程度パーツごとにレイヤーを分けると、修正がしやすいです。Genkiさんもデジタルイラストのいいところは修正が効きやすいとおっしゃっていました。ちなみに、これで完成ではないので一本線でなく、細かい線を重ねて描いています。そっちのほうが私は描きやすかったです。

trace illustration

ラフ画完成したら、ペンをもっと太くして、今度はなるべく一本線でなぞります(トレース)。このとき、パーツを意識して描くと、後でIllustratorでベクトル化したときに扱いやすいです(頭と胴体のつなぎ目がつながっていないのが確認できると思います)。また、陰影も付けていきます。

finish illustration

最後に、IllustartorでPhotoshopで描いた絵をベクトル化して、色とか決めます。このとき、消し忘れ跡のゴミが見えてきたり、線が閉じてないのが分かったりするので、IllustratorとPhotoshopを行き来します。ここらへん、Illustratorに行く前に分かったらいいのになと思うので、確認の仕方が分かる方教えて下さい。

実際の使用感

初めて、デジタルでイラストを描きましたが、入門機のペンタブで十分でした。というか、ペンタブ本体が大きすず、Macbookと一体的に描けるので、紙にラクガキしているころと感覚的にあまり違いがありませんでした。Wacom Intuosシリーズの入門機であるDrawにはタッチ機能がありませんが、Macbookの近くにおけるので、Macbookのタッチパッドを併用すれば問題ないかと感じました。

総括すると、ペンタブがあり、制作手順を踏めば、ある程度それっぽいイラストが描けました、、、描けたかな?イラストがあるとブログの個性が出るのでオススメです。


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...