SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


パサデナ(Pasadena)に引っ越して一週間が経過した、こちらSK-BASEです。

先週一週間が引っ越しで慌ただしかったので、少々落ち着いたところで、朝からパサデナ探索に行きました。

pasadena morning centralpark

ロサンゼルスは観光客からするとハリウッドやビーチのイメージが強いのですが、パサデナはロサンゼルスの北東部に位置し、サンタモニカビーチからは公共交通機関で2時間かかり、まあまあ離れています。よって、風景は山と木で豊かな街になっています。ロサンゼルスにしては落ち着いているし、ダウンタウンには近いのでまあ過ごしやすい場所です。

それで、セントラルパークという公園周りを散歩して、そこがパサデナ中心街の近くだったので中心街も探索してみると、良さそうなコーヒー屋さんを見つけました。というより、パサデナ中心街にはカフェがたくさんあるので、これから楽しみが増えそうです。

なんか見たことがあるCOPA VIDA

copavida exterior

セントラルパーク付近を歩いていると、どこか見たことのある外観のカフェを見つけました。そのときはポートランドのStumptown Coffee Roastersを連想したのですが、改めて見てみると全然似てませんでした(笑)。

stumptowncoffee exterior

メニューはエスプレッソからドリップコーヒー、ジャスミンやアプリコットなどのお茶まで、とりあえずのものはそろっていました。また、飲み物のお供としての食べ物も充実しており、クロワッサンやスコーンなどの軽食に加えて、トーストやサラダなども揃っているので、朝食には打って付けの場所でもあります。

今回、メニューのなかでも目を引いたのはSingle Origin Espresso(シングルオリジンエスプレッソ)なるもの、シングルオリジンといえば、サードウェーブコーヒーを思い浮かべますが、大抵がドリップコーヒーです。ここは一種類豆のエスプレッソを提供しているということで、その味が気になり、注文しましたが

ちょっとまだ、準備ができていません

開店と同時に入ったので、早すぎたようです(残念)。代わりに、散歩し喉も乾いていたのでCopa Cold Brewを注文しました。

最近人気のCold Brew

いま巷でよく聞くCold Brewとは、日本でいう水出しコーヒーのことです。

今までのアイスコーヒーは挽いたコーヒー豆に熱湯をかけ、抽出したコーヒーを氷で冷やしたものでしたが、この方法だと、熱湯による酸化や高温から冷やす過程で香りが消え、苦味が出てきてしまいます。一方、水出しコーヒー(Cold Brew)の場合、低温の水でじっくりと抽出するので、高温による酸化を防ぐことで酸味を減らし、またこの過程ではカフェインがあまり出ないので苦味があまり出ず、コーヒー本来の甘みを楽しむことができます。(参考:HARIO - Cold Brew Coffee

要するに、普通のアイスコーヒーより苦味と酸味が少なく、甘みがあるということです。

copavida coffee croissant

Cold Brewを注文したときに、ちょうど横に焼きたてのクロワッサンがトレイに置かれていたので、朝食を兼ねて一緒に注文しました(まんまとやられた)。

copavida coldbrew

のどが渇いていたので、まずはコーヒーを飲んでみることに。ここのCold Brewは濁っています。StarbucksのCold Brewは透き通っていますが、Cold Brewの工程がコーヒー豆を長時間水につけるということを考えると、どちらが正解なんでしょうね。まあ、おそらく正解はなく個人の好みに分かれるでしょう。

一口飲んでみると、

確かに甘みを感じるけど、思ったより酸味も感じるね

という感想でした。もう少し、まろやかな酸味かなという期待が高かったかなというのはありましたが、酸味はあります。逆に苦味は本当にほとんどありませんでした。ということで、コーヒーは苦味好きという方は、そんなに好きではないかもしれません。

ohm like croissant

バタークロワッサンとチョコクロワッサンがあったのですが、チョコ好きということでチョコクロワッサンを選びました。焼きたてであったせいか、鼻から抜ける焼きたての香りがおいしさをよりいっそう引き立てていました。一口食べたところでクロワッサンが風の谷のナウシカのオームみたいになりました(チョコチップがいい感じに目みたいになっていますね)。

意外と使われている日本製食器

copavida jp goods

Copa Vidaには買って帰れる、コーヒー食器が置かれています。ロサンゼルスのカフェにいくつか行きましたが、よくコーヒー食器は売られています。その中でもよく見るのが、HARIOといった日本製のコーヒー食器製品です。エスプレッソとかだと、ヨーロッパの製品だったりが主流なんでしょうが、最近ドリップコーヒーが流行っているのもあってかHARIO製品をよく見ます。

copavida beans

もちろん、食器以外にもコーヒー豆も売られているので、気に入ったというかたは自宅用に持ち帰りすることもできます。

今回残念だったのが、シングルオリジンエスプレッソが飲めなかったことですね。また来てみたいです。それと、今回はクロワッサンを食べましたが、軽食以外の料理も充実しているので、ぜひともこちらも食べてみたいです。


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...