SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


前回、悲願の観覧車に乗ることができた、こちらSK-BASEです。

前回は読んでいただけましたか?

【北北西に進路を取れ】のシリーズ一覧

シアトルを360°見渡せる場所を目指して

se rain morning

本日は今回の旅始まって、初めての雨となりました。さすが、雨の街シアトル(私はけっこう雨好きですよ)。ちなみにアメリカにも紫陽花(hydrangea ハイドレンジア)は咲きますよ。

今日は朝から昼にかけて予定がぎっしりなので、足早にワシントン大学のキャンパス通りを抜けて、バス停に向かいます。

se breakfast dounut

どのくらい、急いでいたかというと、昨日買った、正真正銘のプレインドーナツが、まだ余っていたので、冷め切ってできたてのカリカリさえ失ったドーナツを食べながら向かっていました。それと体感的にシアトルのバスは安全運転なのか、進むのが遅いのです。ロサンゼルスではバスの運転が荒々しく、渋滞がなければスピードをバンバン出します。

spaceneedle exterior

ダウンタウン付近に到着し、目的地に向かって歩きます。今のところ時間通りです。

路地を抜けて、歩いて行くと高々とそびえる塔が見えてきます。本日最初の目的地、シアトルのスペースニードルです。

spaceneedle history panel

チケット($21.10)を買って入り口を抜けると、螺旋状に坂が続いているのですが、その間、壁にはスペースニードルができるまでの歴史が紹介されています。

スペースニードルは展望所として1961年4月に工事が始まり、同年12月に完成しました。全長は184mで、今では展望所としては高くない建物ですが、当時はワシントン州で一番高い建物となり、シアトルのランドマークとして現在でも人々に愛されています。

北北西と見てこれからを考え、南南東を見て振り返る

spaceneedle patio

歴史紹介のパネルが終わるころには、エレベーターが見えるので、エレベーターに乗って、一気に頂上まで行きます。頂上にはちょっとしたカフェと、シアトルの街並みの説明を見ることができるタッチパネルディスプレイがいくつか置いてあります。また、外に出られる場所があり、そこから出ると、よりクリアにシアトルの街を見渡すことができます。

この日は雨で、遠くまでは見えませんでしたが、それなりに景色は楽しめました。

se northwest toward

まずは、今まで目指してきた北北西方向を眺めてみます。北北西方向には森や山々があります。その先には隣国カナダがあります。一度、カナダのバンクーバーに行ったことがありますが、シアトルの気候はバンクーバーと似ています。違うところといえば、バンクーバーの方がアジア人が多かったですね。

正直、今回北北西を目指してきた理由に特別思いはないのですが、ただアメリカ滞在中にアメリカのいろんな場所を見てみたいなと思い、今回は縦方向に進んだのでした。

ぜひ、次回また旅ができることがあれば、西の方に行ってみたいと思います。

そういえば、4月の投稿でコミカレ(コミュニティ・カレッジ)に願書を出したが結果は分からないと述べていましたが、この旅の2日前に入学許可書がEメールで届き、無事8月からコミカレに進学ができるようです。

進学先がパサデナというロサンゼルスの北東に位置する地域になるので、旅から帰ったら、新しい住居探しが始まると思います。あとそれから、早く車をなんとかせねばと思います。

コミカレに行き始めたら、またみなさんにアメリカの生々しい学校生活をお届けできたらと思います。"学校"カテゴリーをもうちょっと潤したいですからね。

se southeast toward

南南東方向にはシアトルのダウンタウン風景が広がっています。この方向には今回旅してきた、ロサンゼルスからポートランド、そしてシアトルの風景が広がっています。見えないけど、頭に浮かびます。

合計33時間もの間、列車に拘束され、寒さに起こされたり、お尻が痛くなったものでしたが、初日にご婦人と相席になり、列車の楽しみ方を教えてもらい、すばらしい光景を見ることができました。飛行機の空の風景も好きですが、列車から優雅に見る陸の景色もいいなと思ったものです。

基本的に飲んでばかりの旅行でしたが(笑)、アメリカというのは州で人種も文化も景色も変わるところだなと、そんなことを考えさせてくれるものとなりました。

旅はあともうちょっと続きます

spaceneedle beer

そういえば、シアトルに来てから、まだビール飲んでなかったと思い、展望所のカフェを見てみると"スペースニードルビール"の文字が見えたものでしたから、朝からビールをいただくことにしました。

ビールの種類はIPAで、シアトルを360°見ながら飲むビールはおいしかったです。

今回、一週間で旅行計画を立てていたのですが、どうやら一日余るということで、もう一箇所行こうと思い立ちました。もう一箇所気になるというか、ロサンゼルスの友人と話すと、まだ行っていないことに驚かれるので、そろそろ行ってみようと思い、サンフランシスコにシアトルからロサンゼルスに帰る途中、寄ることにしました。ただ、一日しかないので、さすがにAmtrak列車でゆっくり行っているヒマもないということでアメリカ国内線に初めて乗ることにしました。

飛行機の出発は11:00AMなので今日は朝からドタバタしていたということです。ちなみに現在、9:00AM、国内線なので一時間前に空港に行けばいいかなと考え、これからスペースニードルを降りて、空港向かいます。まあ、旅にトラブルはつきものということで…

後編へ続く


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...