SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


29時間の列車の旅が終わり、ようやくポートランドに到着した、こちらSK-BASEです。

前編は読んでいただけましたか?

【北北西に進路を取れ】のシリーズ一覧

LAとは明らかに違う、街の景色

unionstation lobby

Amtrakを降りて、駅舎に入るとロサンゼルスにあるユニオン駅の駅舎と内装の雰囲気は似ていますが、規模はポートランドの方が小さいようです。

portland street

ユニオン駅を出ると、ダウンタウンに繋がっていたのですが、ロサンゼルスのそれとは全く違ったのでした。通りには木が並び、ゴミが全く無いといいませんが、ロサンゼルスに比べると少なかったです。

portland people look happy

通りを歩いていると、通りの向こうから鮮やかな人たちが歩いてきたのでした。ポートランドの人たちは急いでいる様子もなく、全体的にゆったりで生活にどこかゆとりがあるような様子の人たちが多く見られました。ロサンゼルスの人たちは、どこかいつも商売を考えているような顔をつきをし何か生活に余裕がないような、そんな比較ができるような気がしたのでした。

ポートランドのコーヒーは安くておいしい

stumptowncoffee exterior

このブログでも何度か紹介してきた、サードウェーブコーヒーですが、ポートランドはサードウェーブコーヒーの発祥の地とされる場所です。コーヒー好きの私としては、この点が非常に楽しみで、ユニオン駅から一番近くて評判がいいとされるコーヒー屋さんStumptown Coffee Roasters(スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ)に向かったのでした。

stumptowncoffee coffeebar

のどが渇いていた私は、アイスコーヒーを注文したのですが、面白いものから提供されました。スターバックスとかだと、氷たっぷりのコップにピッチャーからコーヒーをついで提供されるのですが、ここは注文テーブルの奥にビールサーバーのようなものがあり、ここもお酒を提供するカフェなのかなと思っていたら、なんとそこからコーヒーが注がれ、鮮度を保つためにこのようなサーバーが使われているとなると、なかなかのこだわりようだなと感心するのでした(さすが、サードウェーブコーヒー発祥の地)。

stumptowncoffee icecoffee

味の方は、Intelligentsia Coffeeのような酸味を楽しむタイプで(サードウェーブコーヒーというのはそういうものなのですかね)、嫌な酸味なくおいしく飲むことができます。しかも、Intelligentsia Coffeeがホットコーヒー一杯$7したのに対し、Stumptown Coffee Roastersのアイスコーヒーは$3という約半額で楽しめる、さらなる驚きがあったのでした。ただ公平にIntelligentsia Coffeeのことも言っておくと、味だけでみるなら、Intelligentsia Coffeeの方がほんのちょっとおいしいです。

こうやって観光地を探す方法もある

powellsbooks alley

次の目的地に向かう最中におもしろそうな本屋さんを見つけたので、例によってふらっと立ち寄ったのでした。この本屋さんはいくつものセクションに分けられていて、新品から中古まで扱っているようでした。

何か面白い本はないかと探しまわっていると、本屋スタッフおすすめのコーナーにこんなものが置いてありました。

portland guidebook

現地の人が書いた、ガイドブック。手にとってパラっと見てみると、観光地化して現地の人はあまりしない、行かないという項目に先ほどのStumptown Coffee Roastersがポートランドを代表するコーヒーだが、Peet's Coffee & Teaに買収されたとかで人も多いことから現地の人はあまり行かないという、アラマ!と思わずにいられない項目があったものですから、この本を買うことにしたのでした。

これにより、現地の本屋さんで情報誌やガイドブックを買ったほうが、よりローカルな情報が載っているだろうなという新しい発見に気づいたのでした。これも、旅行先を楽しむ方法の一つかもしれませんね。

ポートランドはビールもおいしい

ポートランドはコーヒーにこだわる以外にお酒にもこだわります。とりわけ、ビールは小規模で自分たちで醸造している醸造家たちも多く、クラフトビールが豊富です。

deschutesbrewery exterior

というわけで、さっそく醸造所兼パブに行ってきました。ポートランドのビールについて検索していると高い頻度で出てくる醸造所がここ、Deschutes Breweryです。

deschutesbrewery interior

中は大衆酒場のように多くの人たちがビールを楽しんでいるのでした。この景色を見ると、故郷のオーデンという酒場や東京にある銀座ライオンビールを思い出します。

deschutesbrewery brewery

注文を済ませ、トイレに行きたくなったので奥にあるトイレに向かうと途中、醸造所が大きなガラス越しに見ることができたのでした。いやはや、醸造所兼パブというのは知っていましたが、改めて見ると作り出しの生ものがいただけるのだなと楽しみいっぱいになったのでした。

deschutesbrewery beers

ビールはジョッキもありますが、せっかくなら一度にたくさんの種類を楽しみたいということでサンプルセットを注文しました。サンプルセットはクラシックタイプ、醸造家オススメ、自分で選ぶの3種類から選択できるのですが、私は欲張って、クラシックと醸造家オススメ両方ともと注文すると、私担当のウェイターから

フラフラになっちゃうから、一種類ずつの注文にして、飲み終わってまだいけたらもう一つも注文するというのにしない?

と助言されたので、私はそれに従うことにしました(なんか、欲張っちゃうんだよな〜)。

そうして、運ばれてきた6種類のビールはプレートに書かれた番号とメニューの番号が一致します。6種類飲んだ中で私のお気に入りは6番のHop Slice Session IPAというビール。IPAビールは大抵、甘みと後味に苦味が来るタイプなのですがこれは後味の苦味が弱めで飲みやすかったです。

2種類目を頼んだかというと、ウェイターさんの言ったとおり、十分に酔っ払ったため、この日は1種類だけで止め、お会計することにしました(悔しい〜 笑)。

本日のシメに

頬を赤くしていい感じに酔っ払ったところで、本日の最後にポートランドの眺めのいいところに行きました。ポートランドはダウンタウンが郊外と何種類もの橋でつながっているのですが、そのうちの一つHawthorne橋はいい景色が撮れるということで、バスに乗って向かうのでした。時間は19:45ごろ。この日のポートランドの日没は20:30ごろです。

目的地について坂を降りて行くと見えたのは

hawthornebridge

街と緑と川とが一度に楽しめる、綺麗な景色が広がっていました。これはこれは、お酒のいい"シメ"になったと感じ、しばらくその場で景色を楽しむのでした。

hawthornebridge sidewalk

帰りはバスで来た道を歩いて渡り、事前にAirbnbという宿泊サービスで予約しておいた宿泊先に向かいます。ポートランドの1日目はこんな感じで終わるのでした。

Part3に続く


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...