SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


ようやく免許が届き、今は車探しをしている、こちらSK-BASEです。

毎年、6月の第1土曜日にファーマーズマーケットという場所でクラシックカーによるクラシックカー好きのためのオートショーが開催されているということで、行ってまいりました。

Gilmore Heritage Auto Show(ギルモアヘリテージオートショー)

gilmoreautoshow at farmersmarket

オートショーが開催される、ファーマーズマーケットとは3rdストリートとFairfaxストリートの交差する角にある市場です。ここが今でもロサンゼルス一番の市場というように言われていますが、ここがもともと栄えたのはGilmore(ギルモア)さんという人の功績によるものでした。

1870年により良い生活を求め、イリノイからロサンゼルスに移動した、ギルモアは時代が20世紀に変わろうとしているときに、牧場の牛のために水を掘っていたところ、水の代わりに出てきたのは石油でした。1905年までには牧場は消え、その代わりにGilmore Oil Company(ギルモアオイルカンパニー)が誕生したのでした。その後、オイルカンパニーはどんどん成長しました。あるとき、フレッドとロジャーという人たちがこの場所に、農家の人達が新鮮な作物を売れるような村を作りたいとE.B ギルモア(初代ギルモアの子孫)に提案し、それが受け入れられファーマーズマーケットが始まりました。

詳しい歴史はこちら(英語)

ファーマーズマーケットの歴史を大分、割愛して紹介しましたが、こうして発展したファーマーズマーケットは今でもギルモアオイルカンパニーを祝福して毎年6月にこのショーを開催しています。

60台以上、展示されるクラシックカーたち

ファーマーズマーケットにつくと、いつもは市場がならび、観光に来た人たちが和気あいあいとしてる場所ですが今日は、車の所持者たちと車好きの人たちで和気あいあいとしていました。

ファーマーズマーケットのいろんなところに車が展示してあり、全て見れたのか分かりませんが、私が確認したところによると66台見つかりました。しかし、路地などにも展示されていたので恐らくまだあったと思います。

gilmoreautoshow owner

クラシックカーが展示している近くには車の持ち主とみられる人たちが椅子に座って、観光客に説明したり、クラシックカーの持ち主同士で楽しくお話しするなど、ファーマーズマーケットという地元に密着している場所であるからこそ、かしこまったオートショーというより、"買い物ついでに見ておくれ"といった感じです。

gilmoreautoshow howto fix

展示してある車は持ち主によって修理されピカピカの新車のようになっております。

例えば、上の写真の車だと10年前に発見し、血、汗、涙を流し少しずつ修理しようやく修理を完成させ、今はお金をビールにつぎ込めるという、持ち主の車愛が感じられます。

車の歴史を感じるのにもいい

古いもので1920年代のものもあることから今ではみないような形の部品を見ることができました。

gilmoreautoshow doornob

例えば、ドアノブ。今では指を引っ掛けて開くドアですが、1933年当時はまだ家のドアと同じようにドアノブを回して開くようになっていて、恐らくここからこの出っ張りが邪魔とかそういう過程で、現在の指引っ掛けて開ける式になったんでしょうかね?

gilmoreautoshow real trank

次に、車のトランクといえば荷物を積む場所でしたが、本当に昔はトランクバッグだったようです。まあ、確かにこれがカバンだったら家に持ち込めたりして、取外し簡単なのでいいかもしれませんね。ただ、なぜ最初から現在のように荷物を積むために余計にスペースを設けようとしなかったのかが気になるところで、単純に当時、超高級だった車のコストを抑えようとしたのかなど、想像が膨らむところです。

gilmoreautoshow old drivesheet

中の運転席を覗き込むと、それは非常にシンプルな構造というか、"こんなんで走れるんだー"と今時のコンピューターで動作する車と比較して、見た目"バネと歯車だけで動いてるんじゃない?"と思ってしまうようなものでした(失礼言ってすいません汗)。

勝手にいい車をチョイスしました

最初にことわっておきますと、私は車に関してズブの素人でクラシックカーに興味があり、今回履来ました。ですので、車を選んだのはほぼ見た目でエンジンとかそのあたりは分かりません。それでは3つ選んだので早速いってみましょう。

1929年 Packard Dual Cowl Phaeton

gilmoreautoshow packard

これを見たときに、なんと無骨で強そうな車なのだろうと思いました。シルバー塗装にアミアミのパーツが多数使われ、前輪を覆うR型のパーツがメカニックさを醸し出す、興味をそそるものでした。

1950年 Oldsmobile Rocket 88

gilmoreautoshow oldsmobilerocket

この車を選んだのはなんといっても後ろボディーの形。

gilmoreautoshow greathip

非常に魅力あるヒップだと最初見たときに感じました。この車は全体的に見て丸っこくなっており、それでいて横幅ある図太さは、非常にセクシーな印象を感じました。

1961年 Ford Radical Custom Thunderbird

gilmoreautoshow fordthunderbird 1000x626

この車を初めて見たとき、思わず笑ってしまいました。

このフロントのトゲトゲは誰に向かって攻撃するの(笑)?

gilmoreautoshow thunderbird bottom

など、見た目のインパクト抜群のこの車は車体が限界までに低くしてあり、車はただの実用性を持った乗り物ではないというメッセージを感じる印象深い車でした(このメッセージは私の勝手な解釈です)。しかし、こういう攻めているモデルというのは、車の前を人が通るたびに"Wow"など歓声をあげていたことから、通り過ぎる人たちにも何かを感じさせるものがあると思います。

空気汚染など、車には環境問題なども関係し、なかなか自由に作ることが難しくなっているかもしれませんが、日本も含め自動車会社には年に1つでも台数限定でいいので頭一つ飛び抜けたデザインの車が出たら面白いのにな〜と素人目線で考える今日でした。


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...