SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


サンフランシスコの北部を目指してランバート通りから歩き出した、こちらSK-BASEです。

前回は読んでいただけましたか?

【北北西に進路を取れ】のシリーズ一覧

サンフランシスコのガイドブックで必ず見るカニです

fishermans wharf

アルカトラズ島が見える坂を下って行くと、徐々に潮の香りがしてきます。すっかり、丘を下り終えたころには海の風景が開けたのでした。

港通りを歩いて、地図が指すFisherman's Wharfの場所へ向かうと、大きな人混みと大きな赤いカニの看板が見えました。誰もがサンフランシスコのガイドブックを開くと見たことがあるであろう、Fisherman's Wharfのトレードマーク的存在の蟹です。

今回の私のサンフランシスコ訪問はどこもサンフランシスコの定番です。なんせ、サンフランシスコ第一回目なもんで、"定番を知らずして地元を知ることなかれ"。なんて、言い訳がましいですが、本当そう思うのです。もちろん、ここに来たのはクラムチャウダーを食べるためです。

クラムチャウダーと酸っぱいパン

sabellaandlatorre

カニの看板が見えたところで海の方へ向かうと、海鮮料理を扱うお店がズラリと立ち並んでいました。正直、どれが良くてどれが悪いかなんて分かりません。私が今回狙っているのは、パンを器にしたクラムチャウダーだったのですが、どこも値段が同じなのです。これは困ったなと思いながら、最後は自分の五感だけが頼りだと思った私は、目でショーケースに入った魚介の鮮度を確認し、匂いでおいしいか確認したのでした。けれど、結局分からずじまい、しばらくあっち行ったりこっち行ったりしていると、お店の中からおっちゃんが"決まったかい?"と笑顔で聞いてくるもんですから、"Yes"と言っちゃって、そのお店に言ったのでした。どうやら、最後にお店を決めるのは愛想と呼び込みらしいです(笑)。

sabellaandlatorre clamchowder

おっちゃんは段々に置いてあるパンを一つ取り、そのパンをくり抜きました。パンに注がれたクラムチャウダーは持ってみるとずっしりとし、思ったよりもデカイです。やっと、英語の教科書やガイドブックで見てきたクラムチャウダーが食べられると思うと、何かを達成した感動に包まれるでした。正直、色んな人からサンフランシスコのクラムチャウダーの話を聞いていて、観光品だとか、思ったよりもおいしくないとか、そういう評価を知っていたので、ハードル自体はかなり低いものだったのですが、一口食べてみると、私は好きでした

ただ、パンをクラムチャウダーにつけて食べると、"あれ?このパン酸っぱいし、腐ってない?"と思うのでした。周りを見てもカビが生えてるわけではないのですが、気温が暑くて悪くなったんじゃないのかなんて思っていると、メニューのところに"Sour Dough"の文字があり、つまり、それは"酸っぱい生地"という意味なのです。しかも、どの店舗もSour Doughを使っているようで、どうやらこの酸っぱいパンと食べるクラムチャウダーがここの特徴らしいのです。

sf boudin sourdough

オマケにすぐ近くに酸っぱいパンの工場(Boudin Bakery)があるので、どうやらまわりのシーフードレストランはここのパンを使っているようです。なぜ、このパンを使うようになったか分かりませんが、分かっていることは

乳酸菌とイースト菌で作れるこのパンはほかのパンより長く鮮度を保てることと、1800年代の黄金期にフランス出身のアメリカ人がフランスのSourdoughの技術をサンフランシスコに持ち込んだということです。

結論としては、今度来た時は普通のカップでクラムチャウダーを頂きたいです。

最後の目的地の前に散歩してみました

goldengatebridge from pier39

ケーブルカーに乗り、長年見てみたかったところを見て、定番を食べた。この旅のゴールとして行きたいところは出発前から決めていました。ゴールデンゲートブリッジです。そこに何か思い入れがあるわけではありませんが、私の中でサンフランシスコ=ゴールデンゲートブリッジという式が昔からあったので、理由なく最後に見たいと思ったのです。

せっかくなので、夕日に照らされる、文字通り黄金に輝く橋を見たかったので、日没の時間まで、気の赴くままに、港通りを散歩することにしました。

sf pier39

Pier39という埠頭はちょっとしたテーマパークのようになっていまして、レストランやお土産屋、アミューズメント施設までそろっていました。

sf pier39 show

Pier39の一角ではマジックショーがあっていました、とくに面白いわけではありませんが、現地で毎日起きているであろう様子を垣間見えることができます。

友達と旅行してた方がいいと思うことも、道中ありました(特に観覧車で 笑)。しかしながら、一人で誰も自分のことを知らない世界で、誰からも気にされることなく景色を見ることで、旅先の現地の様子を観察できるのでした。そして、"ああ、この地域はこういう人たちがいるのか"とか、"きっと、この家族はお母さんが強いんだろうな"とか、正直根拠のない考えばかりですが、世界を第三者の目で見ている気分になり、それはそれで楽しいのです。

日は沈みかけ旅の終わりを迎えます

bakerbeach sunset

しばらく、行きたい方向に歩いていましたが、日が暮れ始めたので、最終目的地となるゴールデンゲートブリッジが近くで一望できるBaker Beach(ベイカー・ビーチ)に向かいました。

海にはイルカの背びれがヒョッコリと顔を出しましたが、カメラを構えたときには、二度と姿を見せることがなかったです。いやはや、まだまだ撮影技術に鍛錬が必要ですな。

bakerbeach goldengatebridge

空は黄金に輝き始め、それとともにゴールデンゲートブリッジの赤が燃えるように輝いていました。このビーチにはカップルも夫婦も友達グループも釣り人さえもいて、みんなそれぞれ目的は違うこととでしょう。まあそれでも、せっせと三脚をバッグから出して、夕日とゴールデンゲートブリッジを撮っている人は私ぐらいなものでしたが(笑)。

bakerbeach bag alone

これにて、今回の旅は終了です。Part7までお付き合いいただいた方ありがとうございました。リュックサック1つで一週間の旅に出ましたが、まあこれで事足りました。

あまり有名でないような場所も行ってみましたし、定番の観光スポットにも行きましたが、どこにいくなんて正解はありません。ネットやテレビで見たから、見た気になるのも過信ですし、有名でない場所に行ったからといって、他の観光客より優位に立ったわけでも現地を知り尽くしたわけでもありません。

要は、旅なんて自己満足でいいんですよ。旅行に行ったからといって、必ず何かが変わるわけでもありません。ただ、自分のここに行きたいという欲求を満たすことができるならそれでイイんじゃないっていう話。

続く...といいな


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...