SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


最近、太宰治の本を読んでいる、こちらSK-BASEです。

今年はハリーポッターの最新映画が公開されますね。ハリーポッターといえば、劇中に出てくる独特なお店の雰囲気も、魅力の一つではないでしょうか。ハリーポッターの舞台が今回、イギリスからアメリカに移つりましたが、あの雰囲気を体験できるような本屋がアメリカのロサンゼルスに存在します。

The Last Bookstore

前回のL.A. Cafeに引き続き、ダウンタウンのSpring通りからお届けします。

ライブ後にいかが?ダウンタウンの24時間営業カフェ

thelastbookstore entrance

The Last BookstoreはSpring通りと5th通りの交差する場所にあります。1階と2階に分けられるこの本屋は"最後の本屋"という店の名前どおり、新品と中古のたくさんの本が置いてあり、中には非常に興味深い、ユニークなものもあります。

thelastbookstore unique books

また、本の種類は圧巻さられる数で、旅行本、料理本、実用書、音楽や映画などのカルチャー本、そして2階には歴史書、小説本がずらりと陳列してあります。

ここでは本ですら建物の一部

thelastbookstore books

まず初めに、2階からの光景をお見せします。大きな柱の間に設置された本棚には本が敷き詰めてあります。この本屋の特徴としては本のディスプレイの仕方にあります。

thelastbookstore bookedwindow

本もこの建物の一部であるかのように、それで窓を作り、そこから見える本棚の光景はまさにここが本の城のようでした。

部屋の中は古い図書館で嗅いだことのある、古い紙の匂いが漂い、来店したお客さんを本に没頭させます。

さらに奥の方へ進んで行くと待ち構えているのは、いよいよもって現実の世界から本の世界に連れて行かれるのではないかと言わんばかりの本でできたアーチが訪問者を誘います。

thelastbookstore bookedarch

The Last Bookstoreという名前に負けない、貴重な本たち

thelastbookstore anex

ここから先、飲み食い厳禁です。

"The Last Bookstore"と名乗る以上、ここが訪問者にとって最終地点で、満足させるものがなくてはならないはず。それは、貴重な本を探しまわっているコレクターも対象としなければなりません。

thelastbookstore pictures

入り口隣から入れる別館には本が山積みされていた、本館と異なり、ショーケースに入れらたり、見る人たちに十分なスペースが取れるようになっており、別館にある本はより一層に大事に扱われている様子。

thelastbookstore expensive books

それもそのはず、ここには初版の本が置かれており、どれも値段は$400や$500と$100単位の代物ばかりでした。何一つとして私は何の本なのか分かりませんが、写真本や小説本と種類は様々でした。

本屋ではゆっくり過ごしたいので

thelastbookstore square

建物中央には広く空間が取られ、手にとった本が自分にとって、本当に魅力あるものであるか確認できるように、くつろぎスペースが設けられています。革張りのフカフカチェアーでじっくり確認してみてください、そして、それでもあなたを魅了するなら買ってあげましょう。

一応、店の壁には"ここは図書館ではない"という注意書きあるのでくつろぎ過ぎないように気をつけてください。

前回の本屋さんでは買いませんせんでしたが、今回は買いましたよ。ディジタル化が進む世の中でもちろん映画用カメラもディジタル化していますが、買った本はフィルムシネマカメラについての本です。中古本だったのでこれでたったの$6でした。しかし、私がこれを手にとったときには

わー、フィルムカメラについて知りたい

と感じさせてくれたので、こういう気持ちを持たせてくれるものは貴重ですよね。今は太宰治のネチッコイ感じの合間に読んでいます(笑)。


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...