SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


こちらSK-BASEです!

pcc main square

今年はいよいよ本格的に学びに

私は去年からロサンゼルスに滞在しておりますが、今は語学学校に通っております。英語力向上も理由の1つですが一番の理由は滞在スタートからの1年は現地に慣れようというのが意図です。

記事のタイトルにはあたかもすでに決まっているように書いていますが、まだ確定しておりません。一応、現在行こうとしているのはPasadena City College(PCC)という2年制大学です(いわゆる短大ですね)。本来ならそれは4年制の大学(ロサンゼルスで有名なところでいうとUCLAやUSCとかですかね、特にUSCは昨年公開されたスターウォーズの生みの親であるジョージ・ルーカスなんかの出身校)に行きたいものですが、1年の学費が何百万とかかる学校に私は行けません。

ということで比較的手頃な2年制のコミュニティカレッジであるPCCに行くことにしました。ロサンゼルスにはほかにもたくさんコミュニティカレッジがありますがなぜここにしたかは別の記事に書きたいと思います。とりあえず、今言えるのはお金がそんなにないならそこをひがむのでなく可能な環境で全力を尽くすことです。とりわけ目的は映像制作技術の向上もですが、それよりも同じ志の人たちとのつながりを作ることです。

コミュニティカレッジも負けじと規模は大きい

PCCには前に一度見学に来ているのですが、行くと決めて改めて見学したいと思い来てみました。PCC自体の所在地はパサデナのメインストリートであるコロラド通りです。この記事の冒頭の写真はPCCのメイン広場です。写真で見る以上に広いです。

キャンパスは世界的に有名でMITにも引けを取らないカリフォルニア工科大学(カルテック)の真裏にあり、カルテックに劣らず広いです。

pcc square

行ったのがちょうどお昼時だったので食堂の方へ行ってみるとフィットネスクラブや組合、軍まで勧誘がところせましにありました。この広場も広いですが、ほんの一角です。全体ではこんなところが6つぐらいあります。

ここはどこかのレストランか?

pcc cafeteria

日本の大学に行っていたわけではないのでどうなのか分かりませんが、食堂に入ってみるとテレビが壁に並んではいますが、字幕だけで音声がないので落ち着いた雰囲気があり、どこかのレストランに来ているようでした。まあ、食堂にいる人を見てみるとパソコン広げて課題してる人やゲームやってる人もいて学生だなと感じましたが。

みんなそれぞれ何かしてる

pcc in front of cafeteria

食堂を後にすると先ほどの広場で学生たちがマイクを持って演説しておりました。周りの人は聞いて拍手を送る人もいれば録音機を使って録音している人もいるしパソコン使ってカタカタしてる人もいます。みんなそれぞれ自分がしたいことをしている感じがし、これは気を引き締めて臨まないと周りに流されるなと思いました。よく聞く話、コミュニティカレッジには遊学してる人たちがたくさんいると聞きます。

冒頭でも説明したとおり、まだここに行くことは確定していません。ただ、英語能力(TOEFLのスコア)などは満たしているのであとはペーパーワークが無事済むことを祈るばかりです。残高証明書や保護者の同意書などを受け取るのに日本-アメリカ間の郵便だったりがあってけっこう大変。確定次第、またこちらで発信したいと思います。


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...