SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


r こちらSK-BASEです。最近、ロサンゼルスの情報を集めていると、ちらほらボーリングの記事が見つかります。

なんのことかと調べてみると1927年創業のHighland Park Bowlというボーリング場が2年前から改装リニューアルオープンの工事をしていたらしいのですが、それが今月にオープンしていたということで、さっそく何がそんなに話題になっているのかこの目で確かめてみることにしました。

見た目はいたって普通の古いボーリング場?

highland park bowl exterior

電車でGold LineはHighland Park駅で降りると近くに、古そうなボーリング場がありました。

あまりにも古くて一回通りすぎてしまいましたよ。しかし、地図上ではここを指していたのでもう一回戻ってみると。確かに、入り口にガードマンの人が立っていたので営業はしているようです。

本当にここであっているのかちょっと心配になり入ってみると

highland park bowl entrance

中にはたくさんの人達が、しかし玄関の廊下はめっちゃ古い。それでも、中はガヤガヤと賑やかなもんだから気になり奥に進んでみました。

Wow!これは男心をくすぐる!

highland park bowling

廊下を通り抜けると、すぐ現れました。なんか、妙に機械機械したボーリングレーンが歯車とか丸見えで稼働しています。私、こういうザ・マシーンみたいなのが好きなのですよ。

実はここは前までは人力でピン立ての機械を動かしていたらしいのですが、リニュアルオープンを機に全自動化と採点もコンピューターがしてくれるようになっていました。

highland park bowl score board  

まるでボーリング場に来ているというより何かの映画のワンシーンにいるようなそんな気分になってしまいました。

”ボーリングは嫌いだぜ”そんな人も楽しめる要素ありです

ほかにも、ここのボーリング場には本格石窯を使ったピザ屋、バーも併設されています。なのでボーリングを楽しみに来た人以外も楽しめるようです。

highland park bowl restaurant

highland park bowl bar

今度来るときは団体で来よう

highland park bowl player

どうやら思ったよりもファミリー層が多いようですね。今日は来た時には半分は子ども連れのグループがいました。流石、現地でも今人気のようです。お客さんがごった返していてしばらくできそうにありません。

highland park bowl menu

しかし、こんなところで私もボーリングしてみたいなと思いながら、ウロチョロと写真を撮りカウンターに行ってみると、ここの料金は10:00-14:00がワンレーン毎時$40、14:00-閉店が毎時$50というワンレーン制。そもそも一人で来るような場所ではないことが判明。

これは痛いぜ

ボーリングの腕磨きに、週末の一人楽しみには使えないようです。

おわりに

highland park bowl exit

ある程度、見終わり、今日プレイできそうにないことが判明して帰ろうと玄関に戻って行くとなんと古めかしさを上手く残した場所なのだろうと関心しました。もとの良さを活かし、現在のものと組み合わせることで味のあるいいものになるのだろうな思いました。

玄関を出るとガードマンの人が私がすぐに出てきたのもあってか

いい写真が撮れるだろここ

と思いっきしただ写真を撮りに来たことがバレちゃいました。


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...