SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


お久しぶりです。こちら、SK-BASEです。

約2ヶ月ほど更新をご無沙汰しておりました。ブログに載せたい内容は色々あったのですが、なかなか本気で書くにいたっておりませんでした。

私、今年の後半からはアメリカのコミュニティーカレッジに通っているのですが、これがまあ、課題やら地域活動やら、自分のやりたいことやらでいい意味で忙しかったです。

とりあえず、先日期末試験を受け終えて、あとは年末を待つのみとなったわけですが、今日はある日のカレッジでの昼時をご紹介あそばせ。

ほか留学生との昼食

月・水・金はESL(英語がネイティブじゃない人向けの英語クラス)が午前中にあります。特に水曜日は午後から現代映画の歴史の授業もあるので、夕方まで学校にいる必要があります。そんなわけで、水曜の昼食はESLのクラスメイトと昼食を食べるのですが、よく一緒に食べるのは台湾出身の留学生です。初めて、一緒に昼ごはんを食べたときは名前を覚えていなくて、会話を始めて3分で無理を感じ、

ところで、俺はお前の名前を知らない

と素直に伝えて、ショックを受けられたものですが、今でも昼食を一緒にとる仲です。

ところで、留学生のあいだでよく盛り上がるのは、自分の国の料理や歌や映画です。それであるとき、一人の友人が私に

日本の刺し身とか寿司とかめっちゃ好きだけど、Poke Bowlもおいしいよね!

と、笑顔で日本料理を褒めてくれたのですが、私の心の中では2つの思いがありました。

  1. Poke Bowlは日本料理ではない
  2. 素直にありがとうと言うべきか、違うものは違うと言うべきか

私は、少々のためらいはありましたが、名前を覚えていなくても大丈夫だった件もあったので、

No it isn't. It's a Hawaiian food.(ちがうよ、ハワイ料理だよ。)

と伝えると、友人はまたしてもショックを受けていたのでした。

Poke Bowlとは

ポケとはハワイ語で「切身」を意味する言葉で、現在では魚介類の切身に、塩、醤油、食用油、海藻、香味野菜などを混ぜ込んで調味した料理を指す。

ポケ(Wikipedia)

要するに、海鮮丼です。ただ、日本の海鮮丼と違うのは予め、魚類や海藻類をボウルに入れ、タレを入れて混ぜてあります。完成はタレがよく絡んだものを玄米に乗せた丼になっているので、魚本来の旨味を楽しむよりも、丼全体の味を楽しむものだと、私は解釈しています。

ロサンゼルスで魚が恋しくなったらPoke Bowlに行こう

アメリカのレストランは肉・肉・肉・ときどきポテトです。中華料理店に行って、魚は少し置いてあるけど、揚げてあるので、フレッシュな魚は食べられません。そんなときに、Poke Bowlは$10前後で食べられるので、お手軽に魚を補給できます。

pokehouse exterior

私が住んでいる、パサデナには近場に3つPoke Bowlのお店があります。今回はその中でも私が一番好きなPoke Houseに行ってきました。

Poke Houseの注文はSubwayと同じ感じ

pokehouse menu

店内に入ると”アロハー”の声で迎えられます(きっと、友人もここに来ていれば日本料理と勘違いしていなかったのではないだろうか)。メニューはS・R(通常サイズ)・Lの3つのサイズから選択します。用意されている魚は以下の6種類で、

  • キハダマグロ
  • サーモン
  • ハマチ
  • スパイシーマグロ
  • エビ
  • 貝柱

Sは1種類の魚、Rは2種類の魚、Lは3種類の魚を選ぶことができます。

ソースは9つのから選ぶことができ、魚以外の乗せる具は色々と好みで、カスタマイズできるのでサブウェイと同じ感覚で注文することができます。

思ったよりも、お腹にたまる

pokehouse poke bowl

今回は、BANZAIという種類にしました。中にはアボカド、パクチー、ネギが入っています。味は甘辛い醤油味をベースにパクチーやネギなど香辛野菜の香りが鼻を抜けます。ワサビが無料で提供してあるので、辛いのが大丈夫な人は少し入れると、ピリッと引き締まってよりおいしいかもしれません。それから、私の中で意外だったのが、付け合せの海藻がコリコリして、醤油の味がしっかりしておいしかったです。玄米は少しかためなので、かたいのが苦手な人は白米を選択するといいかもしれません。

最初は、丼のサイズを見て、足りるか心配でしたが、具材が思いの外、多かったのと玄米がお腹にたまって、Rサイズでも満足する一品でした。

pokehouse kitchen

注文を聞きながら、目の前で具材を混ぜ合わせてくれるので、自分の嫌いなものはその場で抜いてくれますよ。ほかにも、いろいろな種類のソースがあるのでまた行ってみたいと思います。A hui hou(またね)〜。


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...