SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


こちら、SK-BASEです。

暑いですね〜、夏は後半なのに昼間は相変わらず暑いです、日本もそんな感じではないでしょうか?

ロサンゼルスが位置するのは北緯34度くらいなので九州の北側と同じくらいです。私の故郷、熊本とあまり変わらないはずですが、湿度は全然違います(笑)。熊本の夏は高温多湿により灼熱地獄でちょっとお古のエアコンだと効かなくなります。

一方、ロサンゼルスはというと、半袖半ズボンだと朝は寒いです。そして、10:00くらいから暖かくなり14:00ぐらいがマックス暑いです。ただ、これも日向に出たらの話で、日陰だと半袖半ズボンで過ごせば、クーラーいらずです。夜は昼間の熱が残っていて朝のように寒くもなく、わりと温かいです。ただ、夜は昼と違って外にいると風邪が寒いです。

要するに、ロサンゼルスにお越しの際には羽織るものをお忘れなく

以上の話より、夜にアイスを食べに行きました

bengees exterior

本日もロサンゼルス北東部に位置する、パサデナよりお送りします。

今回はLake通りという電車の駅もある、ちょっとしたショッピング街です。その通りから歩いて30歩ぐらいはずれたところにあるのがBENGEESというアイスクリーム屋さんです。

前回、Abbot Kinneyで食べたアイスクリームことを教訓に、しっかりと店内を見てアイスを選ぼうと思いましたが、その内観は非常にシンプルで、アイスクリームスタンドとベンチが1つあるだけでした。

bengees icecream menu

メニューもいたってシンプルです。アイスクリームをいくつ注文するかと、ビーガン向け(動物性ミルクを使用しない)かそうでないかによって、値段が決まります。Abbot KineyのSalt & Strawはコーンがその場で焼かれていたものでしたが、ここは材料にこだわっていましたが、その場で焼いているかは確認できなかったので、カップのほうが安いし、今回もカップにしようと思いましたが、、、ちょっと待った。

bengees cronut menu

"ICE CREAM STUFFED CRONUT"ってめちゃくちゃ、おいしそうなものがあるじゃん。CRONUT(クロナッツ)といえば、数年前に日本でも流行った、クロワッサンとドーナツが合体したやつで、それにアイスクリームが詰めてあるって、それはもうまさに、鬼に金棒じゃない。

二度も同じような後悔をする一歩手前で、気づくことができました。いや〜内観がシンプルでよかった。

bengees icrecreams

注文する前にどのアイスにするか吟味します。アイスクリームは16種類あり、チョコレート系が多かったです。中にはこちらでは珍しい、黒ゴマアイスやタロイモアイスなどがありました。

いつものように、試食していきます。日本のアイスクリーム屋さんではしたことなかったけど、できるんでしょうか?まあ、そこらへんは次、日本に帰る機会があったときに確かめて見ようと思います。

bengees almond icecream

結局、6種類ぐらい試食したところで、本日はアーモンドアイスクリームにしました。アーモンドのつぶつぶと香ばしさがおいしかったです。

bengees topping menu

次にトッピングを決めます。チョコレートチップやオレオなど、よくあるトッピングです。私は今回、クルミを選択しました(先ほど、アーモンドアイスクリームを選択したのにクルミのトッピングを選択したのは、たぶん私がナッツ好きだからだと思います 汗)。最後にDrizzleという上にかけるシロップを選択して、注文完了です。

初めて食べるクロナッツアイスクリーム、さて、お味は

bengees cronut icecream

注文から5分ほど経ち、クロナッツアイスクリームがでてきました。生地は温かく、それでいてアイスは冷たいので、そのコントラストが絶妙です。おいしい。

また、口に入れてかんだときの食感は流石、クロナッツ、パリパリで食感もいいです。

ただ、ここで一つ問題点が、全体的な感想で、おいしいのです。しかし、アーモンドアイスクリームはどこにいったのだろうという、クロナッツと、チョコレートシロップの甘さでアイス本来の味はフェードアウトしてしまいました。たまに、固めの食感が来て、"クルミここにいたか〜"と思うぐらいでした。

単純にアイスを楽しみたいという方はコーンもしくはカップのほうがいいかもしれないですね。ただ、甘くて冷たいものという方は一度試してみる価値有りだと思います。ロサンゼルスではよく、アイスをクッキーで挟んだものをよく見ますが、あれよりかは全然は食べやすく、まとまりあって食べられるので、私はクロナッツアイスのほうが好きですね。

copavida ice cookiesand 先日、Copa Vidaでいただきました。結局分解してスプーンでアイスをクッキーに乗せて食べた

店内に一つだけあるベンチの上でパクパクとクロナッツアイスを食べていると、あれよあれよとお客さんが入ってきて家族連れや友人たちと来た団体でいっぱいになりました。みんなが注文していたのはクロナッツアイスで、やはりこれがお店の看板メニューのようです。

bengees crowded

私は、食べ終わったらゆっくりするヒマもなく店をあとにしました(立って食べてる人が多かったからね)。いや〜やっぱりこの時期はみんなもアイスか〜。


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...