SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


こちらSK-BASEです。本日は海岸近くを朝から歩いております。海風が心地よく、過ごしやすいですね。

marinadelrey beach3

まあ、空はおもいっきり曇っていましたけどね。ロサンゼルスの空は一年通して90%ぐらいの確率で快晴もしくは晴れなんですが、今日は朝から曇っております。しかし、そんなことロサンゼルス市民には関係ありません。晴れてなかろうが市民の心は晴れ上がっています。

marinadelrey beach

朝からビーチバレーです。年齢層的には30代前後の人たちだと思います。平日の仕事のリフレッシュ方法がスポーツなんて羨ましいと思ってしまう私でした。

海を眺めながらランチできるチーズケーキ工場!?

話は変わって、今日このビーチに来たのは近くにCheese Cake Factoryというレストランに行くためです。名前は和訳するとチーズケーキ工場なので洋菓子店かと思うかもしれませんが、ここはれっきとしたレストランです。早速行ってみましょう。

cheesecakefactory showcase

店内に入るとまず目に入るのが、ショーケースに入った50種類以上のチーズケーキたち。はい、先ほど洋菓子店でなくレストランであることを強調しましたが、洋菓子店としても十分やっていけそうな種類の豊富さです。ロビーで店員さんから"中がいいですか?外がいいですか?"と聞かれるので風景を楽しみたかったら外を選びましょう。

marinadelrey beach2

テラス席からは先程歩いてきたビーチを一望することができます。

なぜ、私がここをレストランと呼ぶかというと。ここにはスパゲッティからサンドイッチ、ハンバーガー、チキン料理、魚料理と日本でいうファミリーレストラン並みにメニューがバラエティに揃っているからです。

実は私がこのレストランを知ったのはチーズケーキからではありません。このレストランを知った理由は現地アメリカでも大人気のドラマ、Big Bang Theoryでこのレストランがよく舞台になっていたからです。ちなみに実際にこの場所が使われたわけでなく、登場人物がCheese Cake Factoryで働いているという設定でセットが組まれていました。このドラマを少し説明すると

カリフォルニア工科大学(通称:カルテック)で大学教授を務めるIQ160以上の男2人がシェアハウスして暮らしていたところ、向かい部屋にある日、かわいい女の子が引っ越してきたことから始まります。頭が良すぎるあまり女の子へのアプローチが変になってしまう2人。カルテックの天才教授たちと女の子の間に生まれる化学反応が楽しめるシットコム(シチュエーション・コメディー)です。

ビッグバン★セオリー 〈ファースト〉セット(4枚組) [DVD]

登場人物が話すことはあまりに科学的で何のことを言っているか分からないところがありますが、それが分からなくても楽しめるようにできている現地でも大人気のドラマなので興味ある人は見てみてはいかがでしょうか。確か、日本のTSUTAYAでもレンタルしています。

Big Bang Theory受けの注文をしてみた

そのBig Bang Theoryの登場人物の一人、シェルドンは一週間の行動が何を食べるかなど全て完全にパターン化しています(このキャラクタが一番面白い)。それでシェルドン以外の人は引っ越してきた女の子が働くCheese Cake Factoryに食事をしに行くこうとしますが、最初それを拒みます。その回で最終的にCheese Cake FactoryのBBQバーガーが気に入り、Cheese Cake Factoryに行くことを一週間の行動の一つとして受け入れます。

日本にいるときからこのドラマを見ていて、一度このバーガーを食べてみたかったので注文してみました。

cheesecakefactory interior

ハンバーガーを待っているあいだに周りの様子を眺めていると、家族連れのお客さんたちがたくさんいることに気づきました。やはりこのレストランはファミリーレストランよりのようです。しかし、テーブル1つに1人とウェイターが付き、どこか内装も華やかなので日本のファミレスと比べると豪華レストランと思ってしまいますが、値段は平均的な値段ではあります。

口から溢れ出らんばかりのボリューム

cheesecakefactory bbq

ついにBBQバーガーが到着しました。最初は上バンズがのせられていない状態できます。ベーコン、パティ、チーズそしてオニオンフライとボリューム満点でこの上にお好みでBBQソースをかけます。また、注文したときに肉の焼き加減も注文できるのできます。この日、私はボーッとしていて焼き加減を聞かれた際に焼き加減にどんなものがあるのかど忘れしてしまったので、レアと答えてしまいましたが、レアだとちょっと生すぎるので、ミディアムぐらいがちょうどいいです(腹あたりが心配な人はウェルドンにしてください)。レアではありましたが、肉のジューシーさも感じおいしくいただくことができました。オニオンフライのパリパリ感が美味しいですね。

デートスポットとしてもいいのでは

Cheese Cake Factoryはチェーン店でいくつかの場所にあるレストランですが、今回来たところはMarina Del Reyという湾になっているところの港近くにあります。テラスからの光景は船がたくさん停泊船を見ることができます。

marinadelrey ocean

風景的にはデートとかにバッチシかと思います(晴れていたら、もっといいだろうに...)。また、夜にはテラスに炎が灯り、これまたムーディーなレストランへと変わります。

cheesecakefactory night

電球を散らばせているところがいいですね。ロサンゼルスに旅行に来られた人は昼間ビーチで遊んでその帰りにこのレストランに寄ると楽しい思い出になるのではないでしょうか。

実はまだ1回もここでチーズケーキ食べたことありません

私はCheese Cake Factoryに何度か来ていますが、まだ一度もチーズケーキを食べたことありません。なぜなら、そこに行きつく前にいつもお腹パンパンになるほど一杯になっているからです。流石、アメリカンサイズだといつも食い過ぎたと感じてしまいます。ハンバーガーが到着する前にお通しみたいな感じでパンが無料で提供されます。それを食べないにしても、デザート分までお腹が回りませんね。いつかはチーズケーキだけでも食べにいきたいと思います。

cheesecakefactory signboard

ふうふう、言ってお店の外に出ると、空が薄っすらと晴れ始めました。時間はすでに午後3時、もう少し歩いて帰りたいと思います。


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...