SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


先日、ロサンゼルスのドジャースタジアムで開催されたWBC(World Baseball Classic)の準決勝戦、日本vsアメリカの観戦に行ってきました、こちら、SK-BASEです。

結果は御存知の通り、2-1でアメリカの勝利となったわけですが、日本の野球はしっかりと、存在感を残していッタと思います。ということで、何度かドジャース戦も見たことある、著者がアメリカ人目線になってみて、準決勝戦の空気を伝えられたらと思います。

残念ながら、現地ではそんなに盛り上がっていませんでした

not full stadium

日本では連日ニュースに取り上げられて、多くの人がWBCの話をしていたようですが、現地ではあまり話題に上がってきませんでした。私の周りの友人たちも話していないし、一緒に行った友人の友人たちも誰もWBCの話をしていなかったようです。ただし、ロサンゼルスに住んでいる、日本人の友人たちの多くはWBCを見に行くぞ!と盛り上がっていたので、アメリカにいても日本人にとっては関心のある試合でした。

どうやら、日本ではWBCは国際大会だという認識が高いですが、アメリカではエキシビションマッチ(演技会)という認識があり、”日本マジ本気じゃん!”という感じが現地にはありました。今回は、アメリカも過去3回の大会で一度も優勝していなことが、野球発祥地としてマズイと感じたのか、第一線で活躍するメジャーリーグ選手をそろえてきましたね。

そういうことで、チケットは1週間前に買っても、全然選び放題の中、購入することができましたし、当日に会場に向かうときも、ドジャース戦にときには道が渋滞して、なかなか会場入りできませんが、今回はスムーズに入ることができました。こちらとしても、ストレスなく入れて嬉しいですけどね。

力でねじ伏せるアメリカ、頭脳で翻弄する日本

first ball ceremony

始球式は野茂さん、トルネード投法は見られませんでした

もともとから、日本とアメリカとではプレイスタイルが全然違います。しかし実際に、2つのチームがぶつかるのを目の当たりにすると、それが顕著に見えます。とにかく打って打って点を取ろうとするアメリカに対し、日本はいったん、1人の選手が塁に出ると、バントや盗塁で一つ一つ塁を進めていきます。それはまさに将棋の対局を見ているようなプレイでした。今回の試合では残念ながら、大手までかけられるのにあと一手が届かなかった日本でしたが、となりにいたアメリカ人の観戦者は、”日本のプレイはすばらしい、アメリカは負けるよ”と開始早々、ボヤいていました。

それから、この試合は本当に本当にカメラによるプレビューの回数が多かったです。特にアメリカ側。うるおぼえですが、日本1回に対して、アメリカ5回ぐらいあったような気がします。審判員側の心情を伺いたくなる思いでした。そこらへんは流石アメリカ、最新のテクノロジーを使って、白黒ハッキリとするのがらしさです。個人的な意見になるのですが、潔さはないですね。おそらく、一般的に正しいのはアメリカの判断だと思いますが。

ドジャースタジアムで異彩を放っていた応援団

jp cheer group

日本でプロ野球中継を見ていたときに、普通すぎて何も気にならなかった、応援団によるトランペット・ドラム演奏。ドジャースタジアムで初めて野球観戦をしたとき、何か寂しいなと感じて気付いたのですが、アメリカにはそういった応援団のような人たちがいません。代わりに会場を盛り上げるのは会場中に設置された巨大スピーカーから流れる音楽(主に手拍子や声を促すメッセージとともにテンポのいい音が流れます)。

そんなんですから、1回裏、日本側の攻撃のときに応援団の人たちがドラムとともに演奏を始めると、近くにいたアメリカ人の観客たちは”なんなんだと”言わんばかりに目を大きくして、応援打のいるレフト側外野席に一斉に目を向け始め、写真や動画を撮り始めました。珍しいんだなーと改めて感じます。それから、もう一つ気付いたのが、前回通常のドジャース戦を見に行ったときは、メッセージボードの持ち込みを断られてしまいましたが、今回、会場にはたくさんのメッセージボードを持った観客たちであふれていました。日本では一般的なものが、国際大会ということで、寛大に受け入れらたのでしょうか。おそらく、ドラムやトランペットも通常なら持ち込めないんじゃないかなと思います。

まあそれにしても、アメリカ人のひとたちは楽器を必要としない、声量を持っているのもそういった応援団がない理由かもしれませんね。試合開始前に、会場アナウンスで、それぞれの国に”声出して”のアナウンスが流れたのですが、日本側は声援が小さくて”もっと声出して”とアナウンスされるほどでした。個人個人が好きに”スゲー”と言ったり、”クソー”と言うのがアメリカンスタイルのようです。本当に声大きいからみんな。アメリカが勝利して、会場を出るときにみんな”USA"と叫びながら会場を後にする姿は日本人の私からしたら”軍隊かなんかですか?”と心のなかでつっこまずにはいられないのでした。

opening

少年時代に野球をしていて、中学生の頃にWBC第1回を見ていた私ですが、まさかそれを生で見られるようになるとは留学中に本当にいい経験になりました。


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...