SK-BASE

こちら、SK-BASEです。現在はロサンゼルスを拠点に発信中!

プロローグ

SK-BASEに連絡を取る


みなさん、こんにちは9月になり暦上夏も終わってしまいました。ところがどっこい先週、気温42度まで上がって、夏がカムバックしてきたLA。まだまだエアコンが必要そうだと感じた、こちら、SK-BASEです。

さて、先週8月の最後に新学期が始まる前に何かチャレンジしたいと友人と話した結果、近くの山に挑戦することになりました。インターネットで下調べし、どうやら往復で7時間かかるとか。ただ、Googleマップで見ると往復3時間でどちらが正しいのかイマイチでした。

同じ登山している人から聞いて知ったのですが(下調べのときに知らなかったのは道順とオススメの準備品しか見てなかったからです)、私たちが登ったSan AntonioはLA郡で一番高い山だったのです。頂上は標高10,064フィート(約3,068メートル)、家族連れで登っている方もたくさんいたので、必ずしもプロフェッショナル向けと言えませんが、素人の方はしっかり準備していきましょう。それではレッツゴー!

このころは、リフト久しぶり楽しー!だった

01 fork lift

近くまで車で行き、駐車場に着くと(駐車料$5)、リフトに乗ってベースキャンプまで行きます。リフト代が往復$25しますが、インターネットで予約しておくと$20になるので前準備も兼ねて、予約しておくといいかもしれません。このときリフトの上で、日本と違って下にクッション材のものが敷かれていなく、”落ちたらまず生き残れないじゃん”なんて冗談かましながら乗っていました。まだまだ気持ちに余裕あり。

02 hiking start

リフトを降りると、登山開始です。このハイキングコースは通称”Devil's Backbone Trail"(悪魔の背骨道)と呼ばれ、”キツイからかな”と考えていましたが、後にその意味を知ることになります。

03 gravel slope

山道は小石がたくさんで滑りやすく、勾配も急であるためなかなか進みません。まだ心身ともに問題ありません。

04 is it goal

30分ぐらい登ったところで、上に小屋らしきものが見えてきました。このとき私たちは頂上だと思い、道は歩きにくかったですが、意外と簡単だったなと感じました。この分だとGoogleマップのほうがあってそう。

05 it is not goal

小屋のところまで行くと、そこにあったのは別のリフトとさらなる高みにつながる山道でした。どうやら、このエリアは冬は雪が積もるらしく、その時期にはスキーができるようになっており、私たちはスキーで滑る道を登ってきたようです。このとき、Googleマップが間違っていることに気づいたのと、ちょっと精神にダメージ。

山道は続くよ〜どこまでも〜

06 devil backbone

それまで、幅広い道だったのも小屋を超えたあたりから、急に細くなり始め、人が通った形跡を頼りに進みます。

07 devil backbone family

ふと、振り返ると左も右も断崖絶壁で、細道はゴツゴツとしており、それはまさしく、Backbone(背骨)の上を歩いているようでした。ちょっとビビって精神ダメージをここでもくらう。ただここで、中学生ぐらいの少女とそのお父さんらしき家族とすれ違い、中学生に負けてられないと足を進めます。

08 breaktime

影があれば、休憩をこまめにとり水分補給をします。高い山の上まで来てるだけあって、周りは風邪の音と風に揺れる木の音だけです。自動車の音が鳴り止まない普段の生活から離れられるのは大自然に来る良さであります。

ただ何度、”あそこ頂上じゃね?”と友人と話して、それが裏切られたことか。そのたびに精神的ダメージをくらい(笑)、山の壮大さと自分のちっぽけさを感じます。

09 gravel steep slope

山道はいよいよもって人が一人しか通れない細さまで狭まります(写真よりもっと細い道もありますが、写真を撮る余裕がなかったです)。帰りの登山人とすれ違うときは一定の場所で待ち、片方が通り過ぎるのを待ちます。いつも車でやっていることですが、山の上では人がそれをします。すれ違いざまにあいさつと、一言二言、会話をするのはいいですね。

毎回のようにすれ違いにあいさつするときに、我慢できず、頂上はどれくらいか聞くと(いきなり頂上を目の当たりするのをちょっと楽しみにしてた)

あの峠を登ると頂上だよ。あと30分くらいかな。

と言われ、気持ち的にはエンジンがかかります。人の通り跡を頼りに、滑りやすい砂利道を登っていき、ついに人だかりが見えてきました。

頂上に到着、私たちの視界を遮るものはいなくなった

10 on the top

頂上に着いた、友人はそこにただ呆然と立ち尽くしていました。ただこれまで登っても登っても、その先にはさらなる高い峠が私たちをあざ笑うかのように立ち尽くしていましたが、頂上では周り一体すべてが見下ろすところにあり、頂上に来たことを感じさせてくれます。頂上には10人くらいほかの登山人がいましたが、その人たちの会話でこの山がロサンゼルス郡で一番高い山であることを知ります(下山後調べ直すとそう書いてありました)。

12 nothing bother us

しばらく、目の前に広がる風景を楽しみ、お昼ために焼いてもってきたバナナブレッドを友人と食べ、心身とともに回復するのを待ちます。

時間にして、30分程度だったでしょうか、3時間以上かけて来た頂上にたった30分しか滞在せず、気持ちが下山に向かっていたので、下山を始めました(登山とはそういうものなのでしょうか)。

下山が一番キツイて分かったよ、それと重力の威力もね

13 going back

下山を始めて、数分で気づきました。”下山のほうがキツイ”。重力は常に下向きに働いているため、滑りやすかった砂利道が余計に滑りやすくなり、ゴツゴツの小石が足つぼマッサージか言わんばかりに、足裏をいじめてくるのです。走っていったほうがよっぽど、楽に進めると思いましたが、走れるような道幅ではないので、”アウアウ”いいながら、下山しました。最終的には地べた這いつくばったり、お尻で滑りながら進み、人間追い詰められると色んなことを思いつくもんだと自分で感心したのものです。

14 back w fork lift

帰りのリフトに乗って、7時間ぶりにアスファルト上を歩くと、なんて平らで歩きやすい道なんだと少し感動しました。おみやげは登山中の壮大な景色と、途中から感じ始めていた筋肉痛、その日の夜に気づいた広範囲の日焼けでした。LAで一番高い山に登ってしまったし、次は何にチャレンジしようかな。


これでオシマイ、よかったらシェアしてね。

投稿URL

関連するタグ


いつの間にか2019年も1ヶ月過ぎていた。こちら、SK-BASEです。

2018年夏にカレッジを卒業し、実績を求めて様々なことに挑戦していたため、2018年後半は目の回る早さで過ぎ去ってしまいました。

2017年に一度、カレッジでどのような授業を取っているか紹介したと思いますが、今回からカレッジ生活の振り返りの意味も含めて1学期ずつ紹介していきます。

続きを読む...

日本は40度近い猛暑日が続いていると、ちらほら聞きますが先週パサデナは最高気温46度になりました。エアコンの温度計が暑い日で(華氏)96度と表示されていたりすますが、3桁超えたためか”HI”と表示され測定不能になっていました。そんなこちら、SK-BASEです。

続きを読む...

こちら、SK-BASEです。2016年の秋学期からスタートした私のアメリカカレッジ生活も2018年の春学期を持ちまして、修了しました。どんなことを学んでいたのかは一度、映画製作初級のクラス紹介の記事でも紹介しましたが、もちろんこれ以外にも数学や歴史、心理学、化学など一般的な授業も履修していました。これは全て、Associate Degree(準学士)を取るためです。しかしながら、全てとはいいませんが(笑)、意外と取って良かったという授業もいくつかありました。それはまた別の記事おいおい紹介したいと思います。

続きを読む...

最近の週末はピザ生地をこねている、こちら、SK-BASEです。 日本は新年度までもう少しですね。新年生や新社会人の人たちで、地方から都会に出てくる方も多いのではないでしょうか?私は3年前に熊本からロサンゼルスというアメリカで2番目に人口の多い都会に出てきたのですが、熊本の治安のよい環境と違って、都会では様々なことに警戒を怠ってはいけません。

続きを読む...

2017年の年末は2年ぶりに日本で過ごすことにし、12月一時帰国した、こちら、SK-BASEです。

1年ぶりとなる今回の帰国は前回同様に久しぶりに会える人たちとの再会が楽しみなものです。帰国する前から高専時代の友人や中学時代の友人と連絡をとって、事前に予定を立てて帰ります(帰ったら帰ったでやることが多い汗)。

続きを読む...

ロサンゼルスに来てからかれこれ3年が過ぎようとしています、こちら、SK-BASEです。

ロサンゼルスに来てからまず初めに買いに行ったのは水でした。人間、いや全ての生き物において大事なのは水ですよね?

続きを読む...

この記事は後編です。前編はこちらにあります。

さて、3作品終えたところで、授業も後半になりました。ちなみに3作品目前に中間テストがあっています。中間テストは制作で使う用語のチェックになります。おもしろい映画で重要なのはシリアスなものでも必ずある、合間のクスッとした要素です。それを代弁するかのように問題にすらユーモアが含まれています。例えば、

続きを読む...

LAに留学しているのは、映画製作の勉強のため。こちら、SK-BASEです。

私が、日本にいてLAに留学したいと考えていたとき、実際のところ、どういう勉強してるんだろうと気になってしょうがありませんでしたが、当時インターネットで検索しても、出てくるのは留学後の話ばかりで、その途中の過程が見たいんだよと思っていました

続きを読む...